高血圧

  高血圧・糖尿病・心房細動など、 脳梗塞が発症するリスクの高い人の特徴 ・高血圧は、 血管内を血液が通る際にかかる圧力を血圧と言います。 数値では140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上で 高血圧症と診断され専門的な治療が必要となります。 高血圧になると血管に大きな負担がかかり、 動脈硬化が促進。血管の柔軟性が失われ、 閉塞したリ破裂しやすくなります。血圧が高い人ほど発症率は高まるため、 適切な血圧対策が必要です。 ・糖尿病は、血液中のブドウ糖量が常に多い状態のこと(高血糖)。 高血糖状態が続くとブドウ糖が血管にダメージを与え、 動脈硬化が促進。とくに、 糖尿病患者は血管壁内にアテローム(脂肪のかたまり)ができやすく 脳梗塞のリスクがより高まります。 糖尿病予備軍とされる境界域糖尿病・耐糖能異常などを持つ人も、 正常な血圧の人と比べると脳梗塞の発症率は高くなるので注意が必要。 発症を防ぐには生活習慣の改善と共に、 血糖のコントロールが何より大切となります。 ・高脂血症は血液中のトリグリセライド(中性脂肪) や悪玉コレステロールが多すぎたり、 善玉コレステロールが少なすぎる症状です。 心筋梗塞の危険因子である他に、脳梗塞の原因ともなって、 動脈硬化によって重篤な症状を引き起こします。 ・肥満は、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった 脳梗塞発症の危険因子と大きく関連しています。 ・心房細動とは、心房が1分間に100~150回以上 不規則に振動する不整脈脳梗塞患者の10~20%に見られる原因で、 心原性脳塞栓の50%は心房細動によるものであり、 60歳以上では2~4%認められます。 ・高尿酸血症痛風は通常よりも血中の尿酸が濃い状態で、 尿酸の一部が結晶化し間接に溜まり、 炎症や痛みを起こした状態が風痛です。 尿酸が高まると血管では炎症が起こる他、腎臓の働きが低下し、 老廃物を排泄する機能が弱まるため、脳梗塞のリスクが高まるのです。 1日に20本以上タバコを吸う人は、 非喫煙者に比べて男性で2倍、(私は、タバコをやめました!) 女性で4倍以上もリスクが高まると言われています。 脳梗塞の後遺症の中でも代表的なものが「片麻痺」「半身麻痺」。 私は「半身麻痺」まで行かず、力が入らない状態です。 身体の片側に麻痺が発生する症状で、脳梗塞ではとくに多く見られます。 脳梗塞は再発しやすい病気の1つで年間の再発率は5%と言われており 1年間で20人に1人の患者が再発しています。再発が起こりやすいのは、 発症してから半年~1年以内とされています。 脳梗塞患者のほとんどが再発症の引き金となる危険因子を持っています、 高血圧・糖尿病・高脂血症・喫煙・飲酒・肥満など、 これらのリスクを日常生活の改善で減らしていくことが重要です。 日常生活の改善と共に、指示された薬の服用の継続も必要です。 適切な薬物治療を行うことで、 再発の危険性が30~70%減らせるとも言われています。 症状が安定しているからと油断しないようにしましょう。 「コレステロールの役割と大事な働き」 人間の体内には、100gから150gのコレステロールがあり、 細胞膜の構成成分の1つであり、 細胞膜は、細胞内にウィルスなどの有害物質が進入してくるのを防ぎ、 細胞内の物質が細胞外に出てしまうのを防ぎます。 人間の体は細胞からできていますが、 コレステロールは細胞膜の構成成分として体中に存在しているのです。 あらゆる生物の基本単位で、似たような細胞が組織を構成し、 組織が集まって器官となります。 それらが有機的に結びついて1個の体を作り上げています。 人間の体の細胞の数は、60兆個あると言われます。 細胞膜は、細胞内部を外部から保護し、独立した領域を作り上げています。 細胞膜を通して物質やエネルギーを出入りさせています。 このような機能を持つ細胞膜は、リン脂質とたんぱく質、 そしてコレステロールから出来ているのです。  そのほかにもコレステロールは、 体内にあるコレステロールの4分の1は脳に存在します。  

 小笠原の激昂は昨年同様のパフォーマンスかと思っていたが、どうやらもっと根深い様です。 どういう風に収束するのか全く見えません。 言った言わないの水掛け論になりそうでちょっと心配です。 森脇は小笠原が彼に向かって「お前だけは入ってくるな、ボケェっ」って言ったと言ってますが、小笠原がボケって言うイメージがないから少し森脇の発言を疑いそう。 鹿島側から正式に申し入れが出たようなので様子を見てみます。