本日は快晴

10月15日(日)快晴 38℃
歩いた距離・・・ 家から出てない。

今日も頑張った!
やりたかったことを大分やっつけたぜぃ!
気持ちがいいってもんだ。

8:30 起床
9:00 洗濯物干し
9:30 台所の網戸掃除
11:00 台所の窓のサッシ磨き
11:30 バルコニーの掃除
12:00 下の階におよばれ昼食
13:30 休憩・昼寝
15:00 洗濯物取り込み
15:30 ケーキ作り
17:00 日本の在籍中学校へメール
17:30 JICAの提出書類づくり
18:00 家の床磨き
19:20 夕食
20:00 ブログ

うむ。うむうむ。
あっぱれ。
よく働いた。
まず、洗濯ができるってのがいい。
洗濯機を買ってからというもの
手洗いから解放されたはいいけれど、
まぁ、停電と断水のおかげで
思うようにうまくはいかない。
スタートボタン押したのはいいけど、
一日中ストップしたまんまなこともある。

ようやく早朝の5時ぐらいに
洗濯機を回すとスムーズに動作することが判明。
タイマーで寝る前に設定する方法も判明。
洗濯って気持ちい~!!!
なんてすばらしいんだ!
家電製品の中でも
洗濯機を発明した人は本当にすばらしい!
おかげで
ズボンだって、シーツだって
好きな時に簡単に洗えちゃう。
はぁ~っ!たまらん。
 
気持ちをよくして、さっそく今日のメインに取り掛かる。
台所の網戸の掃除だ!
油がぎっとぎとの網戸・・・
網戸の交換ってどこでできるんだろう。
いくらぐらいでできるんだろう。
工事費はそんなに高くないとみているんだけれどなぁ
どうせなら、隙間がたくさんあるし、
できちゃったしで、
各部屋という部屋の網戸を交換したいもんだ。
 
ようやくキレイになった網戸。
次に気になるのは、窓のサッシ
これまた砂埃に油がついて・・・
まぁ、ひどい。
使い古しの歯ブラシがこうも役立つとは。
 

そして、下の階のお兄ちゃん、
私が窓のサッシを磨いていると
ちりとりに砂埃いっぱい入れてもってくる。
「どこの?」って聞いたら、
バルコニー開けて、掃除してくれてた!
なんてできた子たちなんだ!
バルコニーの開け方も説明してくれて
防犯対策にまで気をつかってくれて
ほんとにやさしい。
 
ま、お腹がすいたというから
コーンフレークやら
取っておいたオレオぐらいは提供しようではないか。
彼らは十分すぎるほどに働いてくれたもの。
水が欲しいっても言いだす。
まぁ、いいではないか。
昨日買っておいたジュースをあげようではないか。
だいぶ喜んでくれたなぁ。
買っておいてよかった。
 

 

人生の岐路に再び立っています
(o˘◡˘o)
 
私の人生の中の重きは、
恋愛、そして、結婚して
家族を大切にすることだ
と思って生きてきました。
結婚は誰としても同じ
という持論を元に
婚活をしてきました
 
 
 
でも、これだけは
誰としても同じじゃないな
という点で
彼氏とすれ違いが起きております
誰と結婚しても
お互い我慢しなければならないことはたくさんあるし
お互い許しあうのが結婚だと思っていました。
 
でも、
こどもの問題は別でした。
私はなんとなく欲しい
できれば35歳までには生みたい
 となんとなく思っていました。
 それをパートナーである彼に話すと
俺は断固としてほしくない、
いらない
 とのことでした。
 そして、最後に彼が言ったのは
「どうしても欲しいんなら、
 別れるしかないね」
 ということでした。
 っという訳で、
私も彼を説得しつつ
婚活しようかな~なんて思っています。
 
33歳になった私。
 
段々目が肥えてしまっていて
なかなか右にスワイプできません。。。
 
右にスワイプするのは
年端も行かない男の子ばかり。。。
 
現実をみろよ!
と自分に言い聞かせますが、
指はなかなかいう事をききません。。。
 
という訳で、
早速会うことになったのが
 
医学部6年生の男の子です。
 
写真はちゃんと見ずに、
とりあえず会ってみようスタンス
 
週末が楽しみです。
 
 ナラタージュ島本理生

嵐の松本潤さんと有村架純さんで映画化されるようです。

最近は小説を全然読まなくなったのですが、
この作品は好きで
ラストで号泣しながら読んだのを
思い出しました。

いやぁ。
映画化の配役は、私のイメージとかなり違うので
映画の方は映画館では観ないだろうけど。。。

とはいえ、このお話、ドロドロとまではいかないけれど、平和には進まないお話。
あんまり話すとネタバレになるから言いませんが、
高校教師と元生徒のラブストーリー。

ありがちなパターンだけれど、
私、理性では抑えられない恋愛模様
どうも弱い。

30越えて現実に相手に求めるものは
安定だったりするのだけれど
未だにどこかで平常心でいられない恋こそが
運命の恋というやつで
それが魅力的であると思っている。

そんなこと言ってるから未だに独身。
友人達に痛いほど現実の結婚生活を
見せつけられてきたけれど、
それでもそうはなりたくないと思っている
夢見がちな自分がいたりして。

私の王子は夢のままかもしれません。
随分更新が遅くなりましたが、思い出したのでブログを。

タイトルにも書きましたが、「旅行」っていいですね。
これからのシーズン紅葉が見頃を迎えて無性に旅に出たくなります。

そんな私、先日、久々にとある海外に友人たちと旅行へ。

比較的仲の良い友人と行ってきましたが、
海外旅行って楽しいの半分、疲れ半分とにかく忙しい。

そんな旅先での不思議。