初★沖縄旅行

2017年9月17日。
この日から2泊3日で彼氏と沖縄旅行に行ってきました。
今回はその沖縄旅行記をいつも通り写真とともに書いていきたいと思います。

朝6時半起床。
我らの乗る便は11時半伊丹発でしたが、余裕を持って7時に家を出ることに。
しかし家を出る前に確認することが一つ、、、

実はこの日、絶賛台風接近中だったのです。
沖縄はもう通過済みで、関西に向かって来ているという最悪のタイミング。
飛行機が飛んでくれれば沖縄はすこぶる天気が良いらしいので勝ちが見えてくるんですが、問題は台風が接近している状況で果たして飛行機は飛んでくれるのかということ、、、。
家を出る前に欠便情報を調べてみると、、、
沖縄行きは今のところ欠便無し!!
ヨッシャー!
行けるぞー!と歓喜して家を出発し、バス乗り場へ。

しかしバスを待っている間にもう1度見てみると、なんと我々の乗るANA那覇行きの便は欠航と書いているではありませんか!
なんでやーーー!
パニクって調べている間にバスが来てしまったのでとりあえず乗車。
バスの中で調べていると、Yahoo天気から飛んだページでは欠航と書いてあるのですが、ANAのホームページで調べると予定通り飛ぶと書いてありました。
もう何が何だかわかりませんが、さすがにANAのホームページの方が正しいでしょうということで一か八かもう伊丹に行ってしまうことにしました。
家からだいぶ遠いんですが!

バスから電車に乗り換えて電車の中でもう1度欠便について調べてみると、さきほど出ていた欠航という文字が消えていました。
なんなんかなーいったい。
でも、何はともあれどうやら沖縄に行けるらしい!
やったー!

伊丹に着いても欠航の情報は無く、予定通り飛んでくれるらしいと判明。
自動チェックインを済ませて荷物を預け一安心。
まだ9時半だったのでラウンジで沖縄のリサーチをしながら時間をつぶしました。

朝はどうなることかと思いましたが、少し遅れつつも11時半那覇行きの便は無事にテイクオフ。
勝った、、、!
台風に勝ったぞ!
朝からハラハラしすぎて疲れたので飛行機の中は2人とも爆睡してました。

目を覚ますともう那覇に着陸していました。
眠い目をこすって飛行機から降りると、空が晴れております!
うっほーー!沖縄最高!
さっそく荷物を受け取って空港で予約していたレンタカーを借りて市内へ。
ホテルよりも先に向かったのはジャッキーステーキハウス

朝からろくなものを食べていなかったので、最高に腹が減っていました。
14時を回っているのですぐに入れるだろうとタカをくくっていたのですが、さすが人気店。30分待ちです。
腹ぺこの状態でステーキの焼ける音を聞きながら待つのは地獄でしたが、大人数のお客さんが一気に出たおかげで意外とすぐに我々の順番が回ってきました。
席について店員さんに被せ気味で注文。
頼んだのはニューヨークステーキ!

じゃん!!
すきっ腹にこれはあきまへんわ。
美味すぎて涙が出そうになりました。
ミディアムレアにしたおかげで鬼のように柔らかく、200gをペロリと食べてしまいました。
あれは美味かった、、、もう1回食べたい。

ようやく腹が満たされたところで店を出てホテルへ。
今回はホテルでツアーを選んだおかげでめちゃくちゃ良いホテルに泊まれました。
その名もダブルツリーbyヒルトン首里
部屋が広い広い。
1階には屋外プールが!
テンションに身を任せてさっそくプールへ。

プールには小さい子連れの家族がたくさんいました。
小さい子たちは皆嬉しそうに遊んでいます。
その横で僕らもしばらく子供のようにバシャバシャと遊んでから、プールを出てお次は波の上ビーチに夕焼けを見に行きました。

名古屋駅(愛知県名古屋市中村区名駅)の夜景である。 

駅の両側には、2 本の円筒形をした超高層ビルJR セントラルタワーズ」がそびえ立つ。1999 年(平成 11 年)に竣工した。バブル崩壊後のことで成果が心配されたが、入居したデパートやホテルも人気で、名古屋摩天楼の礎となる。
オフィス等は高さ 245 メートル、地上 51階、地下 4階。ホテル棟は高さ 226 メートル、地上 53階、地下 4階。駅ビルとしての高さでは、2014 年(平成 26 年)にあべのハルカス(高さ 300 メートル)に抜かれたが、延べ床面積41.7 万平方メートルは 2016 年(平成 28 年)現在、世界一の座をキープしている。

名古屋摩天楼の一角をなすモード学園スパイラルタワーズは、高さ 170 メートル、地上 36階、地下 3階。2008 年(平成 20 年)に竣工した。
螺旋状のユニークなデザインが評価され、2008 年度のグッドデザイン賞を受賞した。螺旋は、「時代の最先端を行くエネルギーをもつ学生が、切磋琢磨し絡み合いながら上昇して、社会へ羽ばたいていく様」を表しているという。なお、建物を覆っている外側の三角形のフレームガラスは全てサイズが異なっている。 

三井ビルディング南館・東館跡の再開発により誕生したビルで、上層階にはモード学園系列の「名古屋モード学園」「HAL名古屋」「名古屋医専」が、下層階には商業施設が入っている。
新宿にあるモード学園コクーンタワーといい、ユニークなビルを造る。